スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


東京都心で桜満開=平年より4日早く(時事通信)

 気象庁は1日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表した。平年より4日早く、昨年より1日早い。
 この日は南寄りの暖かい風が強まって気温が上昇し、東京・大手町では最高気温が4月下旬並みの20.7度を記録。靖国神社境内の桜は8割以上が開花し、満開を迎えた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕日本の桜
〔プレミアムフォト〕開花した東京の桜
〔地域の情報〕珍品種に「容保桜」と命名=京都
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
【動画】2010年三愛水着ファッションショー

<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)
参院選公約「財源優先を」=民主研究会で相次ぐ(時事通信)
メキシコでM6・9の地震、津波の影響なし(読売新聞)
変わる百貨店の物産展 ネット通販と連携、格安弁当も(産経新聞)
医薬品ネット販売規制は適法=通販会社の無効請求退ける−東京地裁(時事通信)

毒ギョーザ逮捕、容疑は「危険物質投入罪」(読売新聞)

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、警察庁は27日、中国公安省からの情報として、製造元「天洋食品」の元臨時従業員・呂月庭容疑者(36)に適用された逮捕容疑は「危険物質投入罪」だと発表した。

 有機リン系殺虫剤「メタミドホス」をギョーザに混入させたことが、公共の安全に危害を加えた行為にあたると判断したものとみられる。

 中国の刑法では、危険物質の投与により、人を死亡させたり、重傷を負わせたり、あるいは公私の財産に重大な損失をもたらした場合、10年以上の懲役、無期懲役、あるいは死刑に処すと定めている。

 日中間に犯罪人引き渡し条約がないため、代理処罰などの要請を検討している警察庁は、近く捜査幹部を中国に派遣することを決めた。

「働く美女」がメンバーの条件 悪女学研究所所長 藤田尚弓さん(産経新聞)
輸入食品の検査を強化=中毒事件受け、情報一元化も(時事通信)
JR西歴代3社長の「起訴議決」…福知山線事故(読売新聞)
<原爆症>10人認定 甲状腺機能亢進症は初(毎日新聞)
郵政ドタバタ「限度額見直せる」で仙谷氏軟化(読売新聞)

首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」(産経新聞)

【鳩山会見詳報(5)】(26日午後)

 −−鳩山首相はもう少し記者会見を開けということだったので、まったく同感ですが、参加資格者、国民にもう少し開かれた形でやってほしい。きょうは記念すべき日になりました。さきほど首相も言及されたのであえて記者クラブとして、官房機密費の問題、官房長官の問題、とやかく申し上げません。ただ、ずいぶんと待ちましたが、首相が日本の民主主義にとって貴重な一歩となる公約をお守りいただいたことにまずは敬意を表します。そして戦後65年、これまで国民の知る権利、情報公開の立場、会見のオープン化において努力をしてきたすべての人々、世界中のジャーナリストに代わってお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。質問はありません。以上です。

 「ありがとうございました。お褒めいただきまして」

 −−政治とカネの問題。どういうことをやればこの問題が解決すると思うか。民主党、政権としてどういうケジメをつけるのか。

 「私はまず、政治とカネの問題に関しては、大きくは2つあると思います。そのひとつは、説明責任というものをそれぞれがもっと果たしていくべきだということであります。私に関して申しあげれば、これは予算委員会その他、逃げも隠れもせず、常に申し上げているところでございます。それぞれ小沢(一郎)幹事長も記者会見は行って、そこでさまざまな答弁も申し上げているところでございます。他の議員に対しても、私はやはり何らかの形の説明というものは求められている。国民のみなさんにやはり疑惑を持たれているとすれば、疑惑がご自身ないと、自身としてないと思っておるならば、その思いをしっかりと説明されるということは、やはり大事なことだと思っております」

 「ただ、小林(千代美)議員に関しては、関連する公判がひかえているという状況もあることもご理解を願いたいと思います。そのような状況で、本人自身が不起訴になっているということでもありますだけに、党として現在、いわゆる処分ということまで考えておらないという状況でございます」

 「一方で、やはり私はこういったものをこれからできる限り起こさないような体質に政治全体を変えていくことが求められていると思っております。従いまして、より透明をはかることは言うまでもありませんが、いわゆる企業団体献金の禁止というところまで踏み込んだ形でこの根っこを絶つという法律をつくることが、私はやはり根本的な解決ということになれば、必要だと思っております。ひとりひとりのことに対して、けじめをつけるということも大切な方向だとは思っておりますが、将来に向けてこういったことが決して起きないという状況を作り上げていくことがさらに求められているのではないかと思っておりまして、今申し上げたように説明責任、そして法案の成立というものに力を入れることが大事ではないかと申し上げたいと存じます」

 −−普天間移設問題で、首相は極力県外の道筋を考えたいと言ったが、3月末まで1週間を切っている段階で、やはり沖縄県外と強調されるのは県外移設にある程度の確信があるのか。万が一うまくいかなかった場合、沖縄県民にどのように謝罪し、政治責任を取るのか。覚悟を聞かせてほしい

 「はい。もうすでに結論、すなわち県外といいながら、県外にならなかったという場合の謝罪のあり方、議論は時期尚早だと思っております。そうならないように全力を尽くす。それが覚悟の示し方だと思っておりまして、今できなかったなどというのは、ことの釈明を考える暇があれば、極力そうならないように全力を尽くすということがすべてではないかと思います」 「私はいずれにせよ、どの地域に普天間の移設先を求めるにせよ、その地域の方々の理解というものを求めるために、これは自らも含めてでありますが、政府一丸となって努力をするということは言うまでもないことでありまして、まあ、3月末が迫ってきているということは事実でございます。それだけに、それなりに私としても、強い思いを、覚悟というものをさらに高めていくことができつつあるとは思っておりますが、しかし今ここで、だからこの場所がどこだとか、あるいはそれができなかったらどうするんだというようなことまで言及すべき時ではないと、理解を願いたいと存じます」

【関連記事】
首相が初のオープン会見、「珍質問」「激辛質問」も続々…
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」
首相「東アジア共同体構想を現実に仕立てる」
首相「未熟ゆえに問題点。辛抱強くご指導を」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種(産経新聞)
チューリップ700本折られる 大阪・鶴見緑地(産経新聞)
最強のB級グルメは? 4月10、11日に栃木市でイベント(産経新聞)
姫路爆発事故 「死ぬかと思った」 突然崩落/作業員下敷き(産経新聞)
首相、普天間継続使用に含み…有事対応で(読売新聞)

遺体取り違え解剖、目印を確認せず…都監察医務院(読売新聞)

 東京都監察医務院の監察医が今月7日、解剖が不要と判断された男性(75)の遺体を、誤って行政解剖していたことが22日、わかった。

 警視庁城東署が一緒に安置されていた別の男性(84)の遺体と取り違えて医務院に移送したためで、監察医も解剖対象の遺体に付けられる目印を確認しないまま解剖した。医務院は解剖後、都に提出する報告書を「解剖が必要」とする内容に書き換え、事実を公表していなかった。

 都は「誤って解剖したのは事実だが、プライバシー上の理由などから公表しなかった。隠蔽(いんぺい)しようとしたわけではない」としている。

 同署幹部などによると、間違って解剖されたのは、東京都江東区の自宅で今月7日、遺体で発見された一人暮らしの男性。検視段階で病死と判明したため、「解剖は不要」として同署の霊安室に安置された。その際、同室には、死因不明で行政解剖が必要とされた同区の84歳の男性も安置されており、この男性には、解剖対象の遺体につけるリストバンドが巻かれていた。

 しかし、同日午後、同署員がバンドの有無を確認しないまま、84歳の男性と間違えて、75歳の男性の遺体を医務院に移送。医務院でも、監察医がバンドの確認を怠ったまま解剖を実施した。終了後に職員が間違いに気付いて同署に連絡し、改めて84歳の男性を解剖した。医務院は、84歳の男性の遺族には「遺体の取り違えで遅くなった」と謝罪したが、75歳の男性の遺族については、死亡の経緯説明を受けることなどを拒否しているとして、解剖の事実は伝えていないという。

 都の規定では、行政解剖の結果に関する報告書を都に提出するよう定めている。医務院では、75歳の男性についての報告書で、解剖の必要性を記入する欄に、当初、不要の意味で「否」と記していたが、解剖後、「要」に書き換えた上、解剖をした理由については「手違いもあり、さらなる確認が必要だった」と記入をしていた。

 福永龍繁医務院長は「間違って解剖したのは事実」としながらも、「正確な死因特定のために解剖すること自体は違法ではない」としている。書類書き換えについて医務院は「解剖してしまったので、書類を整えるために書き直した」としている。警視庁は今後、遺体を包む袋にも氏名などを書いたシールを張り、確認を徹底するよう指示した。

「びわこ号」を復活走行へ 大阪・寝屋川市と京阪電鉄(産経新聞)
北教組起訴 黙秘続ける長田、木村両被告 裁判でも徹底抗戦か(産経新聞)
幻の銘酒も…越後の蔵元一堂に にいがた酒の陣2010(産経新聞)
【第48期囲碁十段戦】第2局 棋風通りの序盤(産経新聞)
<愛子さま>天皇、皇后両陛下と御所で昼食(毎日新聞)

JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)

 兵庫県尼崎市で平成17年4月に起きたJR福知山線脱線事故で、発生約18時間後に先頭車両から救出された近畿大法学部の山下亮輔さん(23)が20日、同大学を卒業した。4月からは生まれ育った兵庫県伊丹市の職員として、新たな一歩を踏み出す山下さん。入学直後に遭遇した事故から長いリハビリを経て卒業するまでの5年を「今ここにいられるのは、家族をはじめたくさんの人が支えてくれたおかげ。これからは僕が支えていきたい」と振り返った。

 この日午前10時から大阪府東大阪市の同大学記念会館で行われた卒業式には、5千人余りの学生が出席。山下さんは5年前の入学式の際にも着た黒地にストライプのスーツ姿。式典の後、「事故で不自由になった両脚がコンプレックスだったけれど、友人たちのおかげで乗り越えることができた」と話した。

 17年4月25日朝、山下さんは兵庫県伊丹市の実家からの通学途中で事故に巻き込まれた。気がつくと真っ暗な車内に閉じこめられ、身動きがとれない。助け出されたのは26日午前2時44分。事故が起きてから、17時間半が過ぎていた。

 救出後は、筋肉が長時間圧迫されていたことで生じる「クラッシュ症候群」との闘いが待っていた。筋肉が壊死(えし)した両脚は切断も危ぶまれたが、リハビリの末、装具やつえがあれば歩けるまでに回復。翌年2月に退院、事故から1年後に復学を果たした。

 20年には事故の体験をつづった手記「18歳の生存者」を出版。「自分の体験が誰かを励ますことができるのなら」と、全国30カ所以上で講演活動にも取り組んできた。

 24日には活動を支えてくれたゼミの仲間とともに、講演先でメッセージを記してもらった布30枚を展示するイベントを、伊丹市宮ノ前の「旧岡田家住宅」で開く予定だ。

 公務員を目指すきっかけは、消防士である父親の姿だった。事故後、「人の役に立ちたい」という思いはさらに強まり、実家がある伊丹市の職員への採用が決まった。「育ててもらった伊丹の街づくりに携われることに、わくわくしています」。思い出が詰まったキャンパスで、晴れやかな笑顔を浮かべた。

<センバツ>開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)
IBMが4千億円申告漏れ 連結納税制度乱用か、過去最大規模(産経新聞)
【K-1MAX】3・27日菜太、山本優弥の秘策を一蹴「“にわかサウスポー”には負けない」
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談へ(産経新聞)
「密約でないというのは誤認」…西山太吉氏(読売新聞)

「ホワイトデーのプレゼントしたい」=ひったくり容疑で男子高生逮捕−警視庁(時事通信)

 自転車の女性からバッグをひったくったとして、警視庁少年事件課と立川署は18日までに、窃盗容疑で、東京都立川市の私立高校3年の男子生徒(18)を現行犯逮捕した。
 同課によると、容疑を認め、「彼女にホワイトデーのプレゼントを買いたかった」と説明。近くを歩いていた帰宅途中の警察官に取り押さえられたという。
 逮捕容疑は2日午後8時10分ごろ、同市西砂町の路上で、自転車で信号待ちをしていた東大和市の女性会社員(65)の後方から徒歩で近づき、追い抜きざまに前かごから現金約1万5000円入りの手提げバッグをひったくった疑い。
 同課によると、同庁高速道路交通警察隊の男性巡査部長(38)が約30メートル先で、女性の悲鳴を聞き、バッグを持って自分の方に向かって逃走する生徒を発見。生徒は「刺すぞ」と脅したが、「観念しろ」と一喝した。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
首都高、阪神高に距離別料金制=値上げの可能性も
高速道路をママチャリで走行=大阪〔地域〕

<普天間>与勝の人工島建設案 沖縄県知事「極めて厳しい」(毎日新聞)
<派遣法改正案>「事前面接」解禁は見送り 基本政策閣僚委(毎日新聞)
邦夫氏離党「さまざまな動き出る」=鳩山首相(時事通信)
【揺らぐ沖縄】「少数の反対意見、独り歩き」(産経新聞)
テンの侵入口、屋根付近のすき間か…毛が付着(読売新聞)

点眼方法、不適切が9割超(医療介護CBニュース)

 点眼後に目をぱちぱちさせるなど、適切に点眼を行っていない人が全体の9割超に上ることが、ファイザーの調べで明らかになった。正しい点眼方法の「しばらくの間、目頭を押さえながら目を閉じる」を行っている人は1割にも満たなかった。

 調査は今年2月、緑内障など成人の目の病気が多く発症する40-60歳代の、病院で複数の目薬を処方された経験がある人を対象に、正しく点眼できているかどうか実態を把握するためにインターネット上で実施。男女1200人から回答を得た。

 調査結果によると、片目に一度に何滴さすかについて、正しい点眼滴数の「1滴」が66.5%で最も多かったものの、「2滴」が29.8%、「3滴」が3.8%と、3割強が「さし過ぎ」だった。

 また、一度に2滴以上さすと答えた人にその理由を聞いたところ、「1滴だと目全体や患部に薬が十分に行き渡っているかどうか不安だから」が53.2%で最も多く、以下は「2滴以上さしたほうがより効果が高いと思うから」(25.4%)、「さす滴数について手先の微調整ができないから」(10.2%)などの順だった。

 一方、上を向いて目薬をさした直後の行動について全員に聞いたところ、「目をぱちぱちさせている」が43.5%で最も多く、次いで「しばらくの間、目を閉じている」(30.2%)、「しばらくの間、目を見開いたままじっとしている」(15.1%)、「しばらくの間、目頭を押さえながら目を閉じている」(5.8%)、「特に何もしない」(3.8%)などの順だった。

 このほか、複数の目薬をさす場合に、2回目以降の目薬をさすタイミングについて聞いたところ、正答の「間隔を約5分以上空けて次の目薬をさしている」が62.8%、「5分以上空けずに次の目薬をさしている」が37.2%だった。


【関連記事】
緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天
緑内障薬の副作用を逆手に脱毛症治療薬
国内の視覚障害者数は164万人―日本眼科医会
ファイザー日本法人、2.6%の増収
新薬創出加算の対象は337成分624品目、目立つ外資系

ジェネリック医薬品で負担減 患者、病院ともにメリット(産経新聞)
消費者庁、自転車の欠陥「発表待て」と指示(読売新聞)
<NPO>優れているもの選別 評価基準構想、学会で提唱へ(毎日新聞)
佐賀大1年、ラグビー部宴会の一気飲みで死亡(読売新聞)
今年度の訪問看護支援事業でヒアリング―厚労省検討会(医療介護CBニュース)

民主党本部の引っ越し断念 資金は選挙へ…フロア拡充で落着(産経新聞)

 国会近くの民間ビルに党本部を置く民主党が、今のビル内で新たに1フロア拡充したことが14日、分かった。党本部が手狭だとして移転先を検討してきた同党だが、当面は移転しない方針も決めた。

 民主党本部は、民間ビルの6フロアを間借りしてきたが、床面積が自民党本部の10分の1以下。政局の節目などでは、民主党本部の廊下に報道陣があふれかえることも珍しくない。一番広いホールでも200人程度しか収容できない。

 さらに昨年の衆院選大勝で、合計400人以上の衆参国会議員を抱える大所帯となったため、党本部の引っ越し計画が浮上していた。党関係者によると、昨年秋には東京・永田町の他の民間ビルへの入居が模索されたという。

 ただ、党の資金を選挙対策に集中投下したい小沢一郎幹事長の意向もあり、費用がかさむ引っ越し計画は具体化されないまま、今のビル内でのフロア拡充で落ち着くことになった。

 拡充したフロアはもともと民間企業が賃借していたが、2月末までに退去したため、民主党が3月から入居。このフロアには、選対関連の部署などが置かれている。

民家全焼、親子4人死亡 夫婦の寝室に拳銃なぜ…(産経新聞)
2ちゃんねるダウン 米サーバー管理会社がFBIに資料提出(産経新聞)
<窃盗容疑>AKB48ファン3人逮捕 撮影小道具など被害(毎日新聞)
5月未決着なら内閣不信任案も=普天間移設で谷垣自民総裁(時事通信)
「13歳なら逮捕されない」と後輩使ってひったくり 容疑で男子中学生2人を逮捕(産経新聞)

皇太子さま、アフリカご訪問前に抱負(産経新聞)

 皇太子さまは3日、ガーナとケニアを6日から公式訪問するのを前に、お住まいの東宮御所(東京都港区)で会見し、「両国の社会、歴史、文化などへの理解を深めるとともに、アフリカ大陸の抱えるさまざまな課題をよりよく知りたいと思います」と抱負を語られた。

枝野氏「鳩山政権、バラ色の幻想与え続けた」(読売新聞)
<普天間移設>県内の場合、自治体に振興策…前原氏(毎日新聞)
自殺予告、87人防ぐ=通報は最多の223件−警察庁(時事通信)
定昇確保へ「不退転の決意」=連合が中央集会−春闘(時事通信)
<ダンス>世界のトップが競演、観客うっとり 東京体育館で(毎日新聞)

囲碁「女流名人戦」開幕(産経新聞)

 謝依旻(シェイイミン)女流名人に向井千瑛(ちあき)四段が挑戦する産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第22期女流名人戦三番勝負」第1局が3日午前10時、新潟市の岩室温泉「高島屋」で始まった。持ち時間は各3時間の1日打ち切り制。

 ひな祭りの様子が描かれた掛け軸が飾られた対局室に開始7分前、向井四段、続いて謝女流名人が入室。立会人の趙治勲二十五世本因坊の「握ってください」との合図で、向井四段の先番と決まり、右上隅に第1着を打ちおろした。

 前夜祭では、「ひな祭りにはふさわしくない、激しい戦いの碁をしたい」と宣言した謝女流名人に、向井四段も「同期入段(平成16年)の意識する相手」と語り、火花を散らしていた。

 33手まで進んだところで、昼食休憩に。解説の片岡聡九段は「序盤は謝女流名人ペースかと思われたが、向井四段も考えたいい手を出している。形勢判断は難しい局面」と話していた。熱戦の模様はMSN産経ニュースでライブ中継されている。

700万自腹で払って運転士に そんなお金持ち現れるのか(J-CASTニュース)
政府案は複数の場合も=月内にたたき台−平野官房長官(時事通信)
里見女流名人を島根県立大社高OBが表彰(スポーツ報知)
サイトの暴走画像で割り出し、42歳逮捕(読売新聞)
松本空港で気圧データ誤送信、着陸やり直し(読売新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
ネイルサロン
パチンコ攻略
情報起業
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理無料相談
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
無料携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
    AtoZ (08/26)
  • 男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
    栗花畑 (04/21)
  • 男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
    志波康之 (01/17)
  • 男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
    桃医 (01/11)
  • 男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/31)
  • 男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
    こういち (12/26)
  • 男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
    ポリエモン (12/22)
  • 男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
    パイン (12/14)
  • 男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
    ちんたまん (12/05)
  • 男子中学生が首をつって死亡 学校に「暴力」相談、体にあざも 東京・練馬(産経新聞)
    機関棒 (11/27)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM